« 6月のご予約状況とお休み | トップページ | 7月のご予約状況とお休み »

2018年4月16日 (月)

和会席の日体験レポート!和会席いかがですか?

今回の記事は、私、店主鈴木の私事です(最後は広告w)。

ずーっと行きたかったお店に、
先日行くことができ、
私の夢が一つかないました!!!

そのお店は・・・「ワイン処Oasi」の和会席!
Oasiの月に一度のイベント「和会席」です♪

いつもは店員ですが、私、初めてのOasi!
お客さんとして、友人と一緒にテーブルについて、お酒飲みながら♪
「和会席の日」を楽しんできましてきました!!

というわけで、その夢の機会をレポートしたくて、
4月の和会席の日について、
ちょっと偏りある口コミ的ブログをUPしまーす(笑)♪

Img_20180407_143401

今回4月の献立はこちら!

テーブルにつくと、目の前にこちらの献立があります。
食事をする前から凝視(笑)
もうヨダレがでてきます。

新もずくとか、蕗とか、うるいとか、桜花~とか、
細魚(サヨリ)とか、桜鱒とか、鰆とか、
若竹とか、ホワイトアスパラ~とか、
桜海老、桜餅とかとかとか・・・!!!

春の旬の食材満載!!!桜って文字何個でた?!
まさに、4月のこの時にしか楽しめないものばかり♪

早く食べたいって気持ちが盛り上がります♪

1523009353304

一品目の前菜。

まずは見た目からやっぱり春!!
桜の蕾やお花の塩漬けのピンク色!

そのピンクを引き立たせるために、
周りのお料理はあえて色を控えめにしてるあたりも、和食のいいところですよねー♪
和食は、「引き算」と言うみたい。出すぎず、引くところは引く、
そんな、無言の背筋の良い意思を見た目からも感じます。

そして、香り!!
敷物につかってい桜の葉から、ふわっとその春の香りが立ち込めてきます。

最初はビールがいいけど、
でもでも白ワイン??スタートから日本酒??
いやいや、色からして春らしくロゼ??迷う・・・

もー、まだ食べてないのにこの文字量(笑)

●新もずく・・・たかがもずく、されどもずく!!!

こんなにきめの細かくてやわらかいもずくを、私は初めて食べました。
味付けもお酢控えめの優しいオアジ。生姜の風味!食欲をかきたてられます!

●蕗当座煮・・・当座煮は、お醤油を使った味付けで煮たものだそう。

蕗って大好き♪この独特の香りとほろ苦い味わい。
そこには、献立に書いていない、高級食材・自家製唐墨の炙りが
一緒にちらしてありました。
控えめな味付けのしゃくしゃくした蕗と、
香ばしいネットリと風味豊かな唐墨を一緒に口にしたら・・・
もうやばいっす。日本酒もいいなー♪
しっかり樽の効いたヨーロッパ系シャルドネとかとも合わせたい♪

●うるい磯辺浸し・・・こちらも旬の山菜のうるい!

ほんのり葱の様なおとなの辛味と、ねばねばとした舌触りが特徴のお野菜。
これまた控えめだけと土台のしっかりした奥行きのあるお出汁と
ほんのり酸味で海苔とのバランスもよいお浸しになっておりました。
でもうるいの歯触りはシャキシャキとフレッシュ感も残っている。
シャキシャキしたお浸しー!!!
文字や写真だけみると普通ですが、食べたらそこに繊細な意図が!
もっと食べたい(笑)

●桜手毬寿司・・・お皿の中で一番に目に飛び込んでくる桜のお花♪ロゼワインくださーい!

アイドルでいったら、センター的存在ですね!!!
この手毬寿司ですが、こちらも献立の文字にはない「はた」の昆布締めがのり、
桜の塩漬け・お酢控えめ酢飯と一緒に一口手毬寿司にしてありました。
お魚にしっかりと昆布の味がついているのでかなり旨みが強い一口。
桜の塩気と香りも融合して、これもあと10個くらい食べたい!!!!
でも、和食は「引き算」でしたね(^^)
まだまだ始まったばかりなので、よくばりは我慢。

●細魚(さより)南蛮漬け・・・左下の、写真ではよくわからない食べ物。

この小さな細魚、普通は丸ごと頭からしっぽまで処理なしで揚げて、
いろんなお野菜ザクザクの南蛮液にどばっと漬け込み、どばっとお皿に盛ると思うのですが。。
これは、この小魚を三枚に卸して、内臓もとって、半身をクルクルと成型して・・・
これまたお酢もいい具合。新玉ねぎまったく辛くない、シャキシャキ。
食べないと分からないーー!!奥の仕事も想像しながら大切に一口頂く。
そりゃほっぺがほころびますよ。これも白ワインかロゼだ!!!お酒がとまらない。。

今回の前菜は、全体的に酸味のお料理が多かったですね♪春のさわやかさに、
酸味は必須!!いろんなパターンの酸で、お酒がすすんじゃいます♪

※今回「お酢が苦手」というお客様のいらしたので、
その方には全て酢を使なわない特別メニューでご用意させていただきましたよ。
苦手・アレルギーを予め言って頂ければ、
できる限り対応させて頂きますのでご安心をー!

Img_20180407_121336

椀  すまし仕立て
    玉子豆腐巾着
     白魚 亀甲椎茸 芽葱 梅肉

コースのお料理のかなでも、「椀」は腕の見せ所。
この椀で、その料理人の良しあしが分かるのだそうですよ。
出汁が勝負ってわけですよねー。和食の世界って感じです。
偶然かもですが、「椀」と「腕」って似てますね(笑)
蓋の手前にお水がかかっているのもお作法の一つ。

蓋をあけると、、、閉じこもってたお出汁の香りがふわっと♪
おもわず目を閉じ、湯気で深呼吸したくなります。
椎茸の飾り包丁も美しく、春の菜の花の緑と器の赤、
卵の黄色が美しいコントラスト。

とにもかくにも、まずはこのお出汁を一口!
深い旨みって、舌の奥が反応するんですよねー♪
汁はお酒飲めないって思いがちですが、この旨みの強い液体は
もはやツマミ!!意外にもお酒がすすんじゃうんですよこれが!

そして、卵豆腐!もちろん手作りな訳ですが、
お箸ではつかめないほどのフワフワでトロトロ!
豆腐というかお出汁に浮かんだ茶碗蒸しです!
ついてきたスプーンで、また一口。
このとろける舌触りの卵豆腐とそれぞれの食材がマッチして、
たまに入ってくる梅肉もいいアクセント!!
これもずっと食べていたい一品でした!!

Img_20180407_122944

お造り  桜鱒の昆布締め
       妻 山葵

鮮やかでつやつやのお造りの隣に、
大根でできた桜が咲いてます♪ほんのりピンクに染まって。
桜鱒と一緒に、桜鯛も!2種類のお造りを、
手作りの土佐醤油(カツオの旨みを加えたお醤油)で頂きます♪

鱒の昆布締めって珍しいですよね!!
鱒独特のほどよい脂と身の歯触り、昆布をなめてるかの様な
グルタミン酸がしっかりと浸透した味わいとネットリ感に、
お醤油のカツオの香りが追い打ちをかける。
山葵や妻のスプラウトで二口目はさらに風味をプラス。

桜鯛は昆布締めではなくあえてのノーマルで、味のコントラスト。
引き締まった身の食感や鯛の独特の土のような風味をダイレクトに味わえました。

私はこの3品目にして、お酒4杯目に突入(笑)
ロゼからのー、白ワインでした。もう最高♪

Img_20180407_125038

焼き物  鰆 粕焼
      酢取り茗荷

鰆(さわら)は、文字通り春の旬のお魚ですね♪
今回のコースの中では、最もシンプルな盛り付け。
「この、魚を食え!」ってなんだか伝わるような(^^)
一皿目の前菜に乗っていた桜の芽の木を、
目の保養にそのままテーブルにキープしてたのですが、
写真は勝手にそれをいれちゃってます(笑)
酢取り茗荷は目をみはる鮮やかなピンク。

鰆は、背の部分から腹にかけてどんどんと脂が増していく
いろんな味を楽しめるお魚♪そこに自家製に配合した粕を
付けて焼いています。粕具合が絶妙。浸かりすぎていないので、
お酒が苦手な方でも風味を楽しんで頂けるはず!
ふんわりとした身、そして、この一部についた焦げ目!!
これがまた!!!
カリっとほろ苦く香ばしい、たまにの味や食感の変化が
また一口、また一口と、箸をすすめさせます。

茗荷も、あなどれない。飾りじゃないのよ茗荷はー♪
脂身をたべたときに茗荷をひと噛み。粕のつぎにひと噛み。
口の中がリフレッシュされるとともに、甘酢の幸せが
ここちよいのです。もちろんシャキシャキ、ほろ苦・・・

今回は骨のないお魚でしたが、和会席の焼き魚って、骨があると
作法が気になりますよね。オアジのカジュアルな和会席はそんなことも
気にしなくてOKなので安心♪心置きなく酔っぱらえますw

まだまだ、酒持ってこーい!!!日本酒にも手を出す始末(^^)

180416111717005_deco

温物  若竹煮
    ずわい蟹入りひろうす
     木の芽

「若」はわかめ、「竹」は竹の子。
「ひろうす」は「飛龍頭」と書き、手作りのがんもどきです。

でました、こちらもお出汁!!椀のときよりも昆布が強めかなー。
もちろんお出汁はお料理ごとに変えてますよね。
木の芽の香りがピリリと引き締めています。

メインのひろうす、こちら蟹がたっぷりと練りこんであり、
がんもどきという名前で想像したもっちり感ではなく、
「ふんわりとかろやかで、歯切れの良い」食感で、
かなり蟹を感じます!
そこに、ニンジンや椎茸の刻みがまざっており、それも歯触りUP。
お出汁たっぷりしみこんで、噛むたびにジュワーっと溢れてきます♪

とろっとした若布も、とうもろこしのような甘味のサクサク竹の子も、
そのジュワーの合間に挟んで。もったいなくなってきて、
ちびちび食べてしまう。また舌の奥で出汁を感じる。

旨いものに乗せるお酒って、なぜかたくさん飲めちゃうし、
だらだらフワフワのいい酔い方で気持ちいいですよねー♪

180416111924066_deco

酢の物 ホワイトアスパラ酢浸し
     蛍烏賊 天豆
      土佐酢ジュレ掛け

さあさあ、終盤。終わりたくないけども終盤。
でましたよ、高級食材のホワイトアスパラ!ものすごく旬の期間が短くて、
店主は外食してもあった時には絶対に食べるます。
その今しかない「今」を、四月は献立に入れています。

土佐酢ジュレがキラキラ。これまたまたまた旬の蛍烏賊がつやつやと
お皿の中央トップに。空豆もあざやか!旬しかのってないお皿(笑)

ホワイトアスパラは、その風味、泥臭さみたいなものが特徴の食材ですね。
私は酢浸しのものは初めて食べたのですが、酢漬けにするとその
泥臭さの「いや味」だけが抜けて、やさしい土の香りに変わっていました。

またまた「引き算」の美学!!日本てすげーな。
洋の食材ですが、洋のお料理にはない表現ではないかと。

蛍烏賊も、店主は5本の指に入るほど好きな食材。
内臓好きの私は、一口でかならずその内臓も食べられる、
この時期だけの蛍烏賊に、目がないのです♪

手作りの土佐酢が全体をとりまとめ、これから〆の前の口を整えてくれました。
お皿に残ったチュルチュルを最後まで箸でとりながらお酒をちびちび。
こんなちょっと不作法もカジュアルなオアジだからできるかな(笑)

1523858859700

食事  桜海老御飯 釜炊き
      赤出汁  香の物

〆。しめたくないけど食べたい。
桜海老の炊込みごはんです!!!
香ばしい桜海老の香りが、この頃にはお店にも広がっています。

まずは、赤出汁を一口。こちらはまたカツオ風味と、赤みその甘味・酸味。
しっかりと濃厚なお味の口にしてから、いざ桜海老カモン!!

甲殻類のあの香ばしい香り!!海老が甘くてプチプチの食感!
こしひかりを使った土鍋釜炊きごはんは、ふっくらつやつやお米が立っていて、
ほんのりお醤油の風味も。御飯の味は優しいので、また赤出汁とのバランスもよい。
手作りの香の物でたまにシャキシャキさっぱり。そしてまた海老を求め箸が動く。

ここまでで万が一お腹いっぱいでも、きっと食べられてしまいます!
(もし食べられなかったら、ラップをお貸しするのでお持ち帰りもOK^^)

私は、、はい、おかわりしましたよ。もちろん。

お食事は、なんとおかわりができるんです!!
和会席って、量はどうなのかなー??物足りないんじゃないかなーって方、
うちの和会席は、お腹いっぱいにして頂けますよ!!
実際、半分以上の方が、おかわりします。赤出汁も一緒に♪

残っていたお酒を飲みほして、、
あーあ、終わってしまった。。。

1523858866021

甘味  桜餅
     旬果

桜餅!手作りです!!
桜の葉にくるまれて、香りが運ばれてきたとき、一皿目の前菜の香りと一致して、
あの懐かしい思い出もよみがえってきました(笑)

甘さ控えめの餡、つぶつぶでほんのり桜色にそまったもち米、香り豊かな葉。
いたく気に入って下さった方が、その日の余りを買って持って帰ってくれたそうですw
手作りのお餅は、固くなっちゃうのでその日の分しか仕込めませんからね。
旬果はデコポン。甘みと酸味がほどよくジューシー。
こちらも最後まで、手をかけた、心がほぐれる一品でした。

コース内に、食後のお飲物もついています。
コーヒー、紅茶、ほうじ茶などが選べて甘味とともに、ホッコリ。
献立の紙を見返して、またまた懐かしい思い出を振返ったり(笑)

~~~

ゆっくりとお客様になってみて、
予想してたより、満足。ぜったいにまた行きたいお店(笑)
これマジです。だって、こんなにカジュアルに、リーズナブルに、
和会席で心をゆるめる楽しいお店、他に知りませんから。

そして、お客様の気持ちもわかりました。
このブログには、組織票の口コミなので、いいことしか書いてませんが(笑)、
改善点もみつけてます。こういう機会は、もっと必要ですねw
勉強にもなりました。って、半分口実づくり。でも半分はまじめに。

またこういう機会を作りたいので、また誰かお付き合いください(笑)

~~~

長いのに読んで下さり、本当にありがとうございます!

公私混同の自画自賛ブログ、いかがでしたでしょうか??

ここからは、広告・営業!!

これで、お一人様3500円は、かなりリーズナブルではないでしょうか??

私は実際に経験して、本当にそう思いました。

和会席の献立は、月ごとに違います!!!

毎月来て頂いても、毎回違うので楽しんで頂けますよ♪


<5月の和会席>

GWに開催!!

まだまだお席あいております!!

 お一人様 3500円(税込)

3日(木・祝) 16:00 オープン 最終入店 20:00
4日(金・祝) 16:00 オープン 最終入店 20:00
5日(土・祝) 11:30 オープン 最終入店 14:00

連休中ではありますが、ご予定まだ決まってない方、
ご家族で!大切な方と!ご友人と!いかがでしょうか!!!

オープン時間はあくまでお店のオープン時間なので、
ご都合のスタート時間をご指定くださいね。

お子様用に、量や品数をしぼってのミニ会席もご用意できます。

連休中なので、ご家族連れでもご利用頂きやすいように、
早めのオープン時間を設定いたしました。

お子様の節句のお祝いに・・・
ちょっと早い母の日に、お母様を誘って・・・
GW連休、遠出の計画がないかた!近場のオアジでゆっくり・・・

いかがでしょうか??

ご予約の際は、
苦手な食材やアレルギーなども、予め教えて頂ければ幸いです!!

当記事上部でご案内した内容は、「4月の和会席」の献立です。
毎月ちがいます!
5月もまた違った献立内容でおまちしております!


ぜひ、オアジの和会席を、GWの楽しいイベントの一つに入れて頂きたい!!
店主いちおし!!よろしくお願いします!!

 6月の和会席の日程も決まってます♪

  6月8日(金)18:00オープン (最終入店21:00)
  6月9日(土)11:30オープン (最終入店14:00)

  こちらは、父の日も近いですね♪よかったらぜひ!!

和会席の日は、完全予約制です↓↓↓

★★★ご予約について★★★

ご予約は、お電話かEメールにて承っております。

当日のご予約やご変更は、お電話にてよろしくお願い致します。

お電話 : 03 6272 4155

Eメール : oasiwine@gmail.com
  ご希望日/人数/お時間/お名前/お電話番号/その他ご要望 をご連絡ください!

 ※ドメインチェックなどでこちらからのご返信ができない場合がございます。
  メールでのご予約は、あらかじめ受信設定のご確認をよろしくお願いします。

みなさまのお越しを、心よりお待ちしております!!!

|

« 6月のご予約状況とお休み | トップページ | 7月のご予約状況とお休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和会席の日体験レポート!和会席いかがですか?:

« 6月のご予約状況とお休み | トップページ | 7月のご予約状況とお休み »