« 求人広告をだしました。 | トップページ | アルバイトさんが来てくれた! »

2018年10月30日 (火)

10年がみえてきた

2年毎の更新がもう間際。もうすぐ8周年。

「8年おめでとう」という言葉の代わりに、

いきなり、口頭で、非情な申し入れ。

これは2度目。
前回は、まだ一人のときで、
お腹がとても大きいときであった。
今までに人に感じたことのない感情を、
べったりとなすりつけられたような感覚を覚えている。

そんなこと、私にはできないから、
立場にたってみようとしたけど想像すらできず、
ただただ、真正面から受け止めるしかなかった。

そして、また今回・・・
予想もしてなかったから、
晴天の霹靂。

パーティーに気が向かない理由の一つ。
身を削る「感謝」の想いを、
儲けていると勘違いされ、隙を見張られているから。
我らの「感謝」を理解できない。
やはり人間の種類が違うのだ。

10年で、ひとつピリオドをうつという、
今までより具体的に感じる選択肢。

娘の小学校入学真近でもあり、
そこがきっと人生のターニングポイントになりえる。
いい機会なのかもしれない。

あと2年で、一つの夢をちゃんと終える。
それもいいのかも。

この黒くて重いものを、

片隅に2年かかえていくのか。


色を、自分でどう変色させていくか。

大好きな場所。
それは人の持ち物の中にある。

純白な夢は、
全て自分のものの中でのみ
実現可能なのか。

世知辛い。
勉強になる。

私にはできない、絶対になりたくないから、
私は、大成はしないんだろうな。

41になり、そういうことも、なんとなく分かってきた。
私なりの「大成」を、目指す。


マイナスなこと書いてしまった。

はけ口が欲しかった。

もうあまり見られていないここが
なんとなく丁度良い。

|

« 求人広告をだしました。 | トップページ | アルバイトさんが来てくれた! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392784/74502074

この記事へのトラックバック一覧です: 10年がみえてきた:

« 求人広告をだしました。 | トップページ | アルバイトさんが来てくれた! »